2014年07月05日

夏休みおもいっきり「山男子」

春に好評だった「山男子」を夏バージョンで開催します。(告知遅くなってごめんなさい。)

小学生3年生から6年生の男子のみ15名。この年齢の男子たちの盛り上がりがすごいのをわかった上で開催(笑)ありあまるパワーを山里でおもいっきり発揮しよう!

山男子チラシ2014夏バージョン++.jpg

火がつかえる。木がある。川がある。夜のまっくら闇。月明かりを歩く。野生動物の気配。土のにおい。山をかけまわり、大声をだす。やれることは自分たちでやる。
できることはたくさんある。やることもたくさんある。自分が主人公の暮らし。それが山の暮らし。1泊2日、みんなでやりたいことをやろう!

○ 日程
2014年8月11日(月)12日(火)

【1日目】
9:00  豊田市駅前 集合
10:00  古民家宿舎「板取の家」着
    竹からはじめる流しそうめん 器と箸も手づくり。竹鉄砲づくり。
12:00  流しそうめん
    川遊び & スイカ割り
    本格ネパールカレー & チャパティを食べる
19:30  満月ナイトウォーク
    入浴、就寝

【2日目】
7:00  朝食準備(手伝える子だけね)
8:00  朝食
    お弁当のおにぎりづくり & 竹皮で包んで
    木の命をいただく伐採体験 & 森遊び
12:00  昼食
    フリー
14:00  終わりの会
15:30  豊田市駅 到着 解散

○ 会費
10,000円

○ お申込み・お問合せ先
株式会社M−easy 担当:戸田友介
〒444-2811 豊田市太田町蟹田6番地
info@m-easy.co.jp(メールでお申込みください。)

宿泊場所 : 板取の家 豊田市太田町板取34

前回参加した子しかわかりませんが、おしょう、ジョージ、他でお待ちしています。
posted by ASAHI at 15:07| Comment(0) | 里山の暮らしを体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

【参加者募集】母と子の自然のリズムを感じる時間

とびきり素敵なかたがたを講師に、旭高原元気村で、小さな子ども連れのママさんを対象に、「母と子の自然のリズムを感じる時間」を開催します。

当日は戸田夫妻でお迎えいたします。ぼくらにも、3歳と0歳の子どもがいます。今回は嫁さんのアイディアをとりいれながら、お母さんたちに心地よい時間をを感じてもらえるような企画になりましたので、ぜひ、お越しください。


旭高原元気村だから味わえる、古民家つつじ屋敷で過ごす、母と子のゆったりとした時間。自然のリズムに耳を澄ませて、ちょっとした日常にできる体のケア、心のケア。セルフ整体ワークショップ、子どもと一緒に声をだす、心と体にやさしくおいしい食事、牛さんの音にも耳を澄ませる。日常から少し離れて、愛情たっぷりの時間を過ごしてみませんか?

母と子の自然のリズムを感じる時間140729.jpg

宿泊する「つつじ屋敷」はこちらからご覧いただけます。

●日時 : 7月29日(火)・30日(水)

●募集 : 親子8組 乳幼児の子どもと母親対象 兄弟で乳児から小学生までOK

●内容 :
【29日】
14:00      旭高原元気村 きらめき館受付後、つつじ屋敷集合
14:00〜14:15  オリエンテーション・自己紹介
14:15〜16:00  親子でできる日々のお手当てWS by 整体師 小黒泰之
16:00〜17:00  高原散歩
18:00〜     二ランジャンネパールカレー(大人用と子ども用)
         のんびり星空観察、のんびりお風呂、のんびり宿泊(つつじ屋敷)

【30日】
7:30〜8:30   朝食
9:00〜12:00  子どもと一緒にスマイルヨガ by インストラクター 吉見ひとみ
         子どもと一緒にモリの合唱団  by 声楽家 竹内支保子
12:00〜13:00 コレカラ食堂の山里ランチ
13:00〜14:00 牛の心音を聴く&ブラッシング
14:00〜 解散
15:00 豊田市駅着

●持ち物
帽子、動きやすい服装、長ズボン、運動靴、水筒、タオル、ヨガマットまたはバスタオル、お泊りセット、
抱っこひも(合唱に使います)

●参加費
1泊2日3食付 / 大人ひとり8,500円 幼児〜小学生6,000円 3歳以下3,000円
*旭高原主催事業ですので、お値打ちに開催できています。
*キャンセル : 開催日3日前までにご連絡ください。2〜3日前半額、前日当日全額のキャンセル料をお支払いただきます。

●お申し込み先
旭高原元気村 〒444-2843 豊田市旭八幡町根山68-1
Tel.0565-68-2755 Fax.0565-68-2810
http://www.asahikougen.co.jp/
電話またはFAXにて、代表者様の氏名・住所・電話番号、参加者全員の性別・年齢、送迎の有無、アレルギーの有無をお申し込みください。


●講師プロフィール

整体師 小黒泰之 HPはこちらから

ソーシャルワーカーとして障がい者支援に従事した後、整体を志す。サクラケン氏に師事し整体を学び、『おぐろ整体院 一歩』を開院。日々の施術に加え、「整体を暮らしに取り入れていただきたい」という思いからセルフケア講座を開講している。2女2男の父親。とよたプレーパークの会 プレーリーダー。間伐ボランティア とよたあす森会 代表

声楽家 竹内支保子

京都市立音楽高等学校を経て、東京芸術大学卒業。卒業時に同声会賞受賞。第2回ノーヴィ国際音楽コンクール、奨励賞受賞。CD録音、映画音楽、ゲーム音楽、CM等のレコーディングに参加。韓国への演奏旅行など、海外でも活動。
2013年足助地区へ家族で移住。2児の母。音楽ユニット「ら・びーた」を結成し、いのちと自然をテーマにメッセージを伝えている。現在、藤原歌劇団、岡崎音楽家協会所属、山里混声合唱団「こだま」講師。

インストラクター 吉見ひとみ

8年前産後うつを発症して闘病中にヨガと出会う。産後リカバリーヨガ、ヨガセラピーを通してうつを克服したことから、ヨガの良さを多くの方に知ってもらいたくヨガを伝え始める。
子育てママが少しでも楽に楽しく育児が出来るように、一日一回でも笑って欲しい、そんな思いから笑いヨガリーダー養成講座を経て現在に至る。理由なく笑っていくことで、幸せスイッチが増えていく笑いヨガの要素と、ヨガの基本ハタヨガをミックスさせ、スマイルヨガを実践中。
チョウチョ、木、バナナ、カブトムシなど自然の中にあるものになりながら親子で笑い、心も体もほぐしていきながら合唱での発声がしやすい体作りをしていきます。


●食事

夕食 : 二ランジャンの本格ネパールカレー HPはこちら
旭地区一色町に移住してきた二ランジャンさん家族。奥様まさえさんに本格スパイスカレーをつくっていただきます。スパイスカレーのつくりかたも教えてもらいましょう。子ども用のカレーは辛くないので安心。

昼食 : コレカラ食堂 HPはこちら
お隣小原地区に移住してきた水澤さん家族。いつも優しくおいしいご飯をつくってくださいます。


●チラシ
いつも素敵なデザインをしてくださいます、こいけやクリエイトでつくっていただきました。
posted by ASAHI at 17:06| Comment(0) | 里山の暮らしを体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の福蔵寺ご縁市

久しぶりの梅雨らしい天気ですね。

今の時期は、雨が降らないと、なかなかブログも更新できないですね〜

7月27日は夏の福蔵寺ご縁市があります。みなさんのおかげで10回目になりました。毎回、たくさんの出会いがあり、心地よい時間を過ごさせてもらっています。

EPSON015.JPG

【今回の目玉】

@ あひる隊へチャリティーバザー
前回の伊雑神社のチャリティーバザーが好評でしたので、今回もチャリティーバザーを開催します。出品できるものがあるかたはぜひ寄付お願いします。今回の売上は、旭地区の未就学園児サークル「あひる隊」に寄付します。「あひる隊」は、こども園に行く前の子どもたちとお母さんたちが交流館に定期的に集まって、交流をしていますが、活動資金に困っているので、寄付することにしました。未来の子どもたちのためにぜひご協力お願いします。

A スペシャル流しそうめん
何が流れてくるんだろう。どうやって食べるんだろう(笑)

B 第10回記念 ご縁ビンゴ
田舎のお祭りといったらビンゴ!ありきたりかもしれませんが、みんな参加で楽しみましょう!

C いつもながら大盛り上がりのステージ
山里混声合唱団「こだま」、ちひろちゃん読み聞かせ、花ちゃんの落語、Gentle Breeze(初)、大人気のこけぐらし、まさえバンド?、などなど。



ご縁に感謝です。
posted by ASAHI at 16:17| Comment(0) | 福蔵寺ご縁市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

高齢化率が豊田市No.1の旭が誇る「これからの老い」 ぬくもりの里 やさしい美術作戦

福祉施設と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか? お年寄りになって介護状態になったら行くところ?家族のかわりに面倒をみてもらうところ?お年寄りばかりの暗い施設?

少なからず僕もそういうイメージを持っていました。

「ぬくもりの里」旭地区にある豊田市社会福祉協議会の管理する福祉施設です。先日、ぬくもりの里で行われているやさしい美術委員会の委員を仰せつかり、実は、はじめて施設を訪れました。

IMG_9573.JPG

入ってみると、とても雰囲気のいい空間。

IMG_9577.JPG

この特大の絵は、どこか有名な画家さんが書いた。。。わけではなく、旭の子どもたちがお年寄りと一緒に自由に描いた、「おおきくてながーい絵」 1.5m×25mもある。

施設の青木支所長が4年前に赴任したときに利用者のかたから聞いた「ここへ来るようになったら、おしまい」という言葉に愕然として、「誰もがお世話になる施設、地域の中でもっと身近な存在にしたい。」ということで、名古屋造形大学の高橋教授と連携して、「やさしい美術作戦」がはじめられたそうです。

その中で計画された、アートプロジェクト「みんなの家」

コンセプトは、
−「老い」をオープンに−
・皆で1つのものを。
・誰もが参加できる。
・誰もが入っていける。
・入るきっかけや理由がある。
・たえず変化し続ける。

委員会 というと何やら堅苦しい感じの会議ですが、ぼくは、青木支所長、高橋先生、施設職員のかた、プロジェクトに携わっているかたがたのお話を聞きながら、とてもワクワクしました。こんな最先端の取り組みをこの旭地区でやられていたんだと。

旭地区は、豊田市で最も高齢化率の高い地域、26年4月時点で42%を越えています。でも、元気いっぱいのお年寄りがこの地域を支えています。「地域のお年寄りのようにいつまでも元気で動いていたい。」それが僕がこの地域で魅力を感じることの一つ。
そのためには、まわりの自然と対峙しながら季節に応じていろいろなことをやってきたいし、自分や自分の家族の年齢に応じてあらゆることをやっていきたいし、年をとりながらでも変化をしながら続けていける仕事を創っていきたい。年をとってからこそ、みんなでシェアハウスでもつくって住めるようにもしたい。

その中で、「福祉施設がもっと子どもから、若いうちから、身近な存在で、すぐ隣にあったら。」 年をとってからの暮らしかたがどんなに明るいものになるだろうか、子どもたちや若者にとってどんなに希望のもてることであり学びの多い時間だろうか、どんなに暮らしやすい地域になるだろうか、そう感じさせてくれるプロジェクトです。

職員のかたの声「利用者の人の雰囲気がかわってきた、それに伴って、職員の雰囲気がかわってきた。」と。ぬくもりの里に務めている方は、旭地域のかたが多い。当然お給料をもらう仕事ではあるけれど、もっと身近な人の関わりとして心を込めてシゴトをされているかたばかりだそう。あったかいですね。

ぬくもりの里 と やさしい美術作戦の今後に期待です!ぼくもいろいろと関わっていきたい。

IMG_9576.JPG
さまざまな作品が飾られています。

IMG_9580.JPG
殺風景だったトイレやお風呂場の壁には、利用者のかたが身に着けていた服やカバンのデザインを取り出して、ペイント。

IMG_9578.JPG
森をつくる折り紙 Morigami 訪れた人が増やしていきます。

IMG_9579.JPG
高橋先生と学生のみなさん。森に住む生き物をイメージして、擬音語や擬態語を習字で表現したそう。面白い♪
posted by ASAHI at 07:00| Comment(1) | 旭の人たち・取り組みLINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

第三回 軽トラEV改造計画「暮らしっくCarをつくろう♪」

6月7日、ついにベースの軽トラを改造がはじまりました!

車に触るのは7月からと思っていましたが、ベース車を目の前に、うずうず。うずうず。

IMG_9649.JPG
ベース車はなんとメンバーでもある有限会社大同モータースの小出さんがなんと提供してくださいました。

IMG_9652.JPG
荷台のビスをはずして。

IMG_9666.JPG
軽トラは上からエンジンが触れるので改造できます。

IMG_9667.JPG
シートもはずしてっと。


みんなの妄想で、荷台は木材で、シートも木のベンチ、ダッシュボードの上には猪皮のマット!?楽しい妄想が広がります。

メンバーもどんどん増殖中です。暮らしっくCarをつくろう♪の概要はこちらから。

暮らしっくCarは、福蔵寺のガレージにいますので、お越しの際はのぞいてみてください。
posted by ASAHI at 07:00| Comment(0) | 旭の人たち・取り組みLINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。