2012年11月25日

2012年度 余平集落の新嘗祭&お地蔵様

とだです。

今日は余平集落の新嘗祭とお地蔵様。今年は宮係を経験させてもらっているので、一から段取りを見れて勉強になります。新嘗祭と2月の祈願祭は寒いですね〜

そういえば1年前はこんな記事を書きました。時間が経つのは早いです。

今年のお地蔵様では団子につきもののお汁粉をふるまいました!

IMG_5032.JPG
地蔵庵の囲炉裏でコトコト♪

IMG_5039.JPG
余平には甘党のおじさんが二人もいます笑

IMG_5035.JPG
宗介もお団子をぱくり

IMG_5037.JPG
ここのお地蔵様は、現93歳の長老のお父さんが、池島から婿入りにきた際に担いできたらしい。そうだったかなぁとご本人がおっしゃっていたので、本当のところはわからない〜 長老が二人とも入っている貴重な一枚。

IMG_5026.JPG
ちなみにお汁粉は、前日に、ねぎやの兄さんと仕込んだんですよ。

そうそう、昨年の大晦日のブログの記事に書いた二つのことはできちゃったなぁ。書いてある内容がかたいなぁ〜笑と思いながらも時間の経過を愉しんだ一日でした。

2012年03月27日

築羽小学校閉校式

とだです。

3月25日、寺子屋からはじまって137年の歴史がある築羽小学校の閉校式がありました。4月からは敷島小学校と合併します。

image-20120327002742.png

卒業生、先生方、地域の人にあたたかく見守られ。あついものがこみあげてきました。

image-20120327002816.png

旭の子どもたちは本当に仲が良くて、素直で、元気でたくましくて、いい笑顔の子ばかりです。

子どもたちがお別れの言葉で、「わたしたちがもらった宝物をもって、地域の方が137年培ってきた伝統を、このつくばで育ててもらったことに胸に、自分たちの未来をでつくっていきます。」といいました。

本当にそのために教育ってあるのかなと感じる言葉でした。

そんな心がこの地域で脈々と受け継がれてきたんだと思うと、その営みに感謝の気持ちが自然とわきあがってきます。

image-20120327002840.png

とある保護者の方がこう言っていました。小学校に子どもをいれる前は、人数が少ないので早く合併したほうがいいと思っていた。でも、入学してみると、この築羽小学校のいい部分にふれて、改めて子どもを通わせることに喜びを感じるようになったと。

親と先生と地域とがいっしょになって工夫しながら、子どもを育てていく。そんな大人の姿を子どもたちは見て、心の宝物としてもって、大人になっていく。

何もきまっていることが子育てでも、教育でもない。

自分たちの未来をつくっていきます。といった子どもたちに恥じぬように、今この一瞬を、それにつながる未来に向かって生きていきたいです。

最後に校歌の歌詞を載せておきます。すべてに一貫性をもって、校歌にあるような教育、そしてそんな素敵な子どもたちが育っていることが、旭の一番の宝物だなぁと思います。

image-20120327005202.png

2012年03月11日

なぜ歩かされるのか

とだです。

今日は消防団の観閲式。旭と稲武の方面隊で、中隊訓練を披露しました。

image-20120311223210.png

方面隊長から、本番は一番のできと好評をもらったあと、「なぜ、歩かされたのか」とお話が。

正直、行進の訓練は、みんなのまとまりをつくるために必要だけど、軍隊みたいだなぁと思っていました。
確かに、みんなのまとまりをつくるということは、ひとつの大きな目的だけど、ひとつひとつの所作の中に意味づけられたものがあると、感じた本番でした。

そのひとつが「なぜ歩かされたのか」

消防団の役割は地域防災。自分たちの力で自分たちの地域を守っていく。

これは何も消防団や防災の話だけではない。地域のことを自分たちの責任のもとに、主体的に考え、動き、思い悩み、前を向いて、まとまりとしても歩いていくし、ひとりの人間としても歩いていく。

最初は、歩かされただけかもしれない、ただの演技かもしれない、でも自分の人生になったとき、生き続ける限り、まとまりとしても、ひとりとしても歩き続ける覚悟を醸成する。

方面隊長の言葉から、消防団のみんなから、あらためて教えていただきました。

旭には、まだこういった、見方によっては煩わしい、見方によっては生き続ける人材を育てる、暮らしの中に沈着した伝統がある。

(続く)





2012年02月19日

祈願祭&集落ビジョン

とだです。

本日なんと3つ目の投稿です〜

今日は、私の住んでいる余平町の祈願祭がありました。豊作を願っての神事です。神事は写真をとれないので、写真はなしです。

集落の人が寄って、

いつものようにみんなで火にあたって、
いつものように神事がとりおこなわれて、
いつものようにお神酒と焼いた塩サバをみんなで食べて、
いつものように皆の平穏無事を確認しあって、
いつものように時間が過ぎる

特別なことはないけれども、長い年月をかけて自然が自然であると同じように、いつものようにを繰り返してこの地域の文化が続いてきたと思うと、このいつものようにがとても愛おしく感じました。

午後は毎月の定例常会と、旭支所の皆さんがいらして集落ビジョン検討会、最終回の3回目。

なかなか集落のことをみんなで話す機会はないので、支所の皆さんのお力添えでとてもいい機会を用意してくださったと思います。

防災、高齢化、農地、お祭り、お役などなど、課題はたくさんあって、なにかすごいことをビジョンで出すわけではないけれども、今回のことをきっかけにしながら、集落の日常をいっしょにつくっていきたいです。

2012年01月16日

つくば元気クラブ

とだです。

昨晩はつくば元気クラブの月に一回の打ち合わせでした。平均年齢70歳以上ですが、元気に梅干しや五平餅などをつくっています。

今年度から庶務でお手伝い。

image-20120116071200.png

10年以上のベテランさん、のんびりと正確な動きのおばあちゃん、チャキチャキと元気なおばあちゃん、いつもニコニコおばあちゃん、竹細工名人のおじいちゃん。

体がなかなか動かなくなってきたけどと聞きますが、ぼちぼちのんびりと健康で動けるだけ動いていきましょう!できないことはお手伝いしますので。

まだまだたくさん教えてもらいたいです。

2012年01月08日

消防出初式

とだです。

今日は消防出初式がトヨタスタジアムの下の河川敷でありました。

image-20120108230717.png

式典と訓練で豊田市中の消防団員、消防職員、婦人消防クラブ、少年消防クラブ、合計1000人ほどが集まりました。

はじめて参加しましたが、新年早々気持ちが引き締まりました。

いざというときの心構えをしつつ、平和な一年でありますように。

2012年01月04日

氏神様

とだです。

昨日、旭に戻ってきました。平野部から山間部へ、凛とした寒さと澄んだ空気を肌に感じて気持ちよかったです。

image-20120104132731.png

今日は朝から氏神様に初詣。

その後、福蔵寺で初拝み?(なんていうのかな?)

一年のはじまりの儀式。

2011年12月31日

お役

とだです。

草刈り、お宮やお寺のお守り、お祭り、運動会、盆踊りなどなど、田舎にくると地域での役割や行事がいろいろある。消防団もそのひとつかな。来年度は自分は余平集落の宮係を隣のおじいちゃんとやる。

自分としては、こっちに住むということは、特にやりたいとかやりたくないというより、そういうもんだと思っているので、愉しんでいます。

でも、たまに、すごい頑張っているねと言われる。頑張っていないわけでもないし、やれてないこともあるので、返答に困ってしまいます。

短絡的に意味のあるない、宗教は自由だ、効率非効率、体力がなくなってきた、、、など、やめる理由を探せばいくらでも見つけられるかもしれない。

長くやらないとその意味がわからないこともある、長くやっているとその意味がわからなくなることもあるようです。住む人の考え方や暮らし方は、時代とともにかわり、かえてはいけないこともある気がする。

これからの時代のお役のあり方はどうなんだろう。まだ、よくわからない。


来年度は新しい役割もやらせてもらいながら、個人的には二つのことをやろうと思う。

1.秋の大祭で、余興をやる。
 余平集落は13戸。若者が少なく、太鼓や笛をやる余興団がもうありません。伝統的なことを復活させるのが本当はいいのだろうけど。できるところから。向かいの家のえいじさんにギターを弾いてもらいながら、歌を歌おう。

2.秋のお地蔵様で、お汁粉をふるまう。
 先日、アップしたお地蔵様の行事で、昔はみんなで食べていたらしいお汁粉を食べたい。お汁粉づくりが、まわり番のお役でしんどいということでやめになったらしい。それなら、義務感でなく、食べたいから、みんなで愉しみたいから有志でやれば無理はない。


ゆっくりと着実にやれることを愉しくやっていきたいと思う。その先に私たちの暮らしが待っているのだと思う。


31日は実家にきています。なんと、息子がハイハイで前に進めるようになりました。素直にうれしい。

今年も皆さんに大変お世話になりました。よいお年をお迎えください。

2012年もよろしくお願いします。

2011年12月30日

夜警

とだです。

昨日、今日と晩は消防団で夜警がありました。パトロールをして、団員が集って話をしたりしながら、夜を過ごします。

image-20111230225634.png

パトロールって年末にちょっとだけやっても、、、という声が聞こえてきそうですが、きっと暮らし方の作法のような行事なんだぁと思いました。

今年は震災でも消防団の献身的な活動が注目されました。今は平和な夜警ですが、いざというとき、やはり防災の要です。

バカな楽しい話で盛り上がっていますが、地域の将来のことなども話してるんですよ。

2011年12月23日

お地蔵様&新嘗祭

とだです。

アップが遅くなりましたが、私が住む余平で11月28日に集落の行事であるお地蔵様と収穫
を祝う新嘗祭がひらかれました。

午前中は新嘗祭

image-20111223114937.png

お祭りの話題なのに塩サバですが、毎回のお祭りのあとの食事で皆さん楽しみにしています。

月曜日の平日にもかかわらず、集落の半分以上の人が集まり、しっぽりと楽しみました。

午後からは、お地蔵様。余平には昔から子どもが産まれると大きな提灯を奉納する地蔵庵があります。

image-20111223115049.png

image-20111223115113.png

今年はうちともう一軒お孫さんが産まれたとこと、奉納しました。

おっさまのかわりに、92歳の長老につづきみんなで般若心経をあげて、お団子を食べます。

image-20111223113903.png

image-20111223113933.png

image-20111223113951.png

夕方近くまで、ゆっくりとした時間を過ごしました。

昔は甘酒やお汁粉もつくってやっていたそう。来年復活させたいな。

なんでもない特別な秋の一日でした。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。