2012年12月09日

一番うれしい日

とだです。

今日は、なべちゃんとさとみさんの結婚式でした。太田の神社で氏神様に誓い、笹戸のとうひやで披露宴。2人らしいあったかい式でした。本当に嬉しい。

image-20121209214836.png

地域の人たちが準備から本番まで心をくだいて、汗を流し、僕らや旭に住む同じ世代の友人もいろいろな役を担う、外からも彼らのためにとかけつけて祝福。

image-20121209214923.png

ここにはもう「何か」があるんだという感覚をみんなで共有できる素敵な一日でした。

本当におめでとう。本当にありがとう。若者プロジェクトから旭にご縁をいただき、みんなと関わることができるようになってから、一番うれしい日でした。

今年いっぱいでさとみさんはM-easyを卒業し、来年からなべちゃんと夫婦で新しく農園をオープンします。ご縁の輪が地域の中にも地域の外にもゆるやかに軽やかに広がっていくことを楽しみにしています。

写真ができてきましたら、Facebookの旭暮らしにたくさんあげていきますね!
posted by ASAHI at 21:51| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

むすび会、当日です!

あまもりです。

きょうは「あいちの山里で暮らそう80日間チャレンジ」の小林さんと、地元お須原山愛好会とのコラボで、「むすび会」を開催しました。

小林さんのチャレンジの最終ミッションは、婚カツのイベントをすること!でも、こばちゃんひとりでは道具もないし、イベントをやるのはむずかしい。そこで私たちも協力して、むすび会を開催する運びとなりました。

まずは、こばちゃんのあいさつ。

DCIM0282.jpg

参加者の自己紹介のあとは、みんなでお昼ご飯を作ります。
薪を割って、みんなでシチューやご飯をつくったり。

画像 002.jpg

ピザ班は、石窯でピザを焼いていきます。初めてのピザ作りで、みなさん楽しそう。

画像 003.jpg

ごはんができたら、みんなでわいわい食事タイム。

画像 004.jpg

ご飯のあとは、旭のパワースポット、お須原山へ登りました。空気が澄んで、とても気持ちがいい。

画像 006.jpg

そして、かなり効果があるという噂の(わたしも前回のご縁むすびで効果を目の当たりにしましたが…)、縁結び岩にチャレンジ。岩の穴に松葉が通ると、ご縁が結ばれると言われています。

画像 007.jpg

そして、お守りが当たる、縁結びくじも。

画像 009.jpg

のんびり、まったりとした雰囲気のなか、みなさん交流を楽しんでみえられたようです。
posted by ASAHI at 19:22| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

れんこんの掘り取り

あまもりです。

きょうはみんなで、萩平のレンコンの掘り取りをしてみました。

わたしたちは、レンコンを育てるのは初めて。もちろん、収穫も初めての体験です。
とりあえず、1か所を掘ってみようということになって。みんなで掘り出したのですが、ぜんぜんレンコンが出てこない。

それでもあきらめずに掘り進めると、はるさんがある法則性を見つけました。地下茎に沿って掘り進めていくのがベスト!と。

その法則に沿ってひたすら掘ると、あったあった、地下茎とレンコンらしきものがある。でも、とても大変な作業で。レンコンは固い土が好みらしく、地下茎をたどっていくと、どんどん掘りにくい土の中に入っていく。レンコンを傷つけないように、手と小さなスコップのみで、地面に這いつくばって掘っていく。

こりゃあえらいぞ…と思いながらも掘り進めて、ついにとれた!

DCIM0203.jpg

めずらしく私の写真ですが(とださんが撮ってくれました)、全身泥だらけ、おまけに疲れ顔…レンコンを食べるためにはなんて大変な工程が必要なんだろう、と痛感しました。

結局肥え不足で細いものしかとれないので、今期はこれ以上掘らずに、来春植えかえることになりました。これからレンコンを食べる時は、ひときわ味わい深いものになりそうです。
posted by ASAHI at 20:13| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

旭まつり・芸能祭へ行く

あまもりです。

今日は小渡で旭まつり・芸能祭が開かれ、わたしたちはそこで、焼き芋と汁物の販売をしてきました。

このお祭りは、「生涯学習フェスティバル」という副題の通り、大正琴やフラダンスなど、地域の方が普段取り組んでいる活動を発表する場になっています。

午後になって少し時間ができたので、販売を抜け出して歌舞伎の舞台を見てきました。豊田市・80日間チャレンジの小林さんが、たびたびこの地区に残る歌舞伎のことを書かれていたので、なんとなく気になっていたのです。

DCIM0197.jpg

演者の深みのある声が、体育館に響く。ストーリーは情感に富み、かつ、ゆっくりと進みます。

その舞台を見て、ふと思いました。現代の物語は、情報量も多いし、スピードも速い。味わう、という要素は、こうして受け継がれてきた歌舞伎のほうが濃いのかもしれない。

綿々と続いてきた文化を、こうして間近で見られる環境というのは恵まれているし、受け継いできたひとがいることはありがたいな…そう感じました。
posted by ASAHI at 22:34| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

とらさんの仕事

あまもりです。

昨日、今日と萩平で黒米、赤米の稲刈りをしています。とらさんと一緒に仕事をしているのですが、朝、田んぼに行ってみるとこんな感じになっていました。

DCIM0179.jpg

田んぼの上に、稲が整然と並んでいます。とらさんが刈っては置き、刈っては置き…を繰り返してこうなりました。こうしてきれいにそろえておけば、稲束を藁でくくるのが楽なのです。

彼女の刈った田んぼは、すべてが地面すれすれに刈られていて、切り口もきれい。括った藁束も、根元がきちんとそろえられている。彼女の作った藁束をはざがけしながら、その仕上がりにほれぼれするばかり。一方、わたしの仕事はてんでんばらばら、という感じで…(汗)。

稲刈りだけでなく、彼女の仕事はどれをとっても美しい。私が彼女を尊敬するところです。
posted by ASAHI at 22:24| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々雑感2

とだです。

ついでに6月に新三河タイムズさんに寄稿した記事もそのまま紹介。

田植えをしているとカエルの鳴き声や鳥のさえずりが聞こえる。旭で暮らしていく!そう決めてこちらにきてから2年目の夏を迎えた。ここは豊田市の中で一番過疎高齢化が進んでいると言われる旭地区。でも、ここ数年は移住者も増えている。かくいう私もその一人。ここには街のような便利さは少ない、自力でやらなければいけないことも多い。一方で、大変さを感じることがある分、創り出す喜びも大きい。煩わしいことも多い分、うれしいことも多い。人生の先輩たちからはさまざまな知恵を学べることで人間的な成長ができる場でもある。この旭で年を重ねてながら、お世話になっている地域のおじいちゃん、おばあちゃんのようになりたいと思う。息子が産まれて4月で1歳になった。息子は旭で産まれ、旭で育つ。隣のおじいちゃん、おばあちゃんは自分の孫のように息子をみてくださる。田植えをしている横で、歩きまわったり、話をしたり、自然の雄大さと人のあたたかさを一緒に受けながら子育てできる環境がありがたい。地域の中では元気で素直なたくましい子どもたちが育っている。この地域の課題は多い。過疎高齢化は担い手不足になっていくということ。とはいっても、高齢者も担い手である。「体が動けなくなるまで働く。」というと、一般的にはどんな虐待だとなるかもしれない。でも、70歳のおじいちゃんが90歳でも元気に農作業をしているおじいちゃんをみて、まだまだ自分はと言う。年をとっても体を動かして、できることをできる範囲で、いきいきとシゴトをしている。当たり前のように、田畑を耕し、山の手入れをし、家のシゴトと、地域のシゴトと、稼ぎのシゴトをして、楽ではないし、快適ではないかもしれないし、ゆっくりかもしれない。でも、そうやって年をとっていきたいと思う生き様がここにはある。子どもからお年寄りまで、ここで生きるということは、ここでの役割を担いながら、みんなでこの地域を創っていくということ。人口3000人ほどの町では、それが実感できる。30人集まれば人口の1%。高齢化率、出生率でみたら2050年の人口減少社会日本の縮図が今この旭地域にはある。たくさんのお年寄りと少しの若者が手を携えながら、世代を超えたお互い様のココロで自分たちの暮らしをつくっていけるのであれば、少子高齢化も悪いばかりでないなと、今日も豊かな自然と文化に満ち溢れるこの地域で暮らし続けることに夢と未来を感じている。
posted by ASAHI at 00:12| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

日々雑感

とだです。

今朝の旭は3℃!寒くなりましたね。

1ヶ月くらい前に新三河タイムズさんに寄稿した記事です〜 そのまま紹介。

すぃーちょん、すぃーちょん、ガチャガチャ、秋の虫の声が早朝の部屋を満たしています。里山の秋は、朝晩の冷え込みとともに、徐々に深まって、垂れた黄金色がなびいています。夏に旺盛に伸びた草を刈り、稲刈りの慌しさが続きながらも、冬に向かっているなぁと感じる今日この頃です。私の住んでいる集落では、8月は先祖の御霊を供養する盆踊り、9月のはじめに農作物が風水害にあわないように風神様(かざかみさま)のお祭り、10月には収穫を祝う大祭(たいさい)と、多くの行事、神事があります。それぞれ昔からの意味があるとともに、地域住民が一同に集まり、楽しみ、互いの平穏無事を確認しあいます。まちに住んでいたときに感じていた余暇を楽しむお祭りというだけでなく、普段から顔をあわせて、ときには一緒に踊り、一緒に祈り、呼吸をあわせる。コトバとアタマで理解しあうのではなく、呼吸と身体でお互いの感覚をあわせる。お祭り以外にも、道役で草を刈る、消防団で活動するなど、互いに呼吸をあわせる習慣が今も里山には残っています。何か事を成すときは、互いに呼吸のあった顔見知りの中で、協力しあい、現場でつくりあげていくことができる。技術も、道具も、材料も、人材もすべてが十全にそろっている。何かの自然災害があっても、米は各家にある、水や燃料は山から、隣の人もみんな知っていて避難する、自然と地域で暮らしている日常がそのまま困難を乗り越えていくときの基礎となる。普段、おおらかで、余裕があって、いざというときにもなんとかなると思えるのも、常に自然と対峙しながら、手間ひまをかけて、変化に柔軟な暮らしをしているからだと感じています。「常」に意識をおいて暮らせる安心感はなによりもありがたいです。私は、地域コミュニティをベースにしながら、いろいろなゆるやかな集まりの重なりの中で暮らしています。M-easyを通した活動以外にも、例えば、子どもたちと共に育ちあう「プレイパーク」、イキイキワクワク農業サークル「アグロプエルタ」、自治の力で森づくり地域づくり「旭木の駅プロジェクト」「モリ券」、支えあうコミュニティ通貨「おむすび通貨」、農山村へのシフト「千年委員会」など。つい先日には「とよた森林学校」の間伐合宿で森づくりの先生や仲間もできました。他にも地域内外でさまざまな集まりに参加させていただいています。自然と地域と一緒にあることで自然とわかった「何か」を、この旭で感じているとともに、ゆるやかな気心の知れた顔なじみの関係の中に、同じような「何か」を感じています。里山での営みの中から学ばせていただくことは本当にたくさんあるけれども、この関係の中の「何か」は、どこにどのような暮らしをしていても、生きていくために忘れてはいけない、受け継いでいきたい、「何か」ではないかと感じています。
posted by ASAHI at 20:31| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

秋の大祭

とだです。久しぶりの投稿です。

朝晩、ぐっと冷え込んでくるようになってきた山里です。

秋はどの地域もお祭りまっさかりですね。集落や地域ごとに観光客がたくさんくるような大きなものから、10人、20人と小さなものまで、地域ごとに素敵だなぁと、こちらにきてからお祭りに関心が高い、今日この頃です。

私が住んでいる余平集落でも、秋の大祭が14日に開催されました。13戸と小さな集落で、20数人の参加だったでしょうか。今年は宮係りなので、準備から神事のとりもちまで、隣のじいちゃんに教えていただきながら、参加しました。

IMG_4592.JPG

高齢化で、他の集落でやっているような太鼓や笛の余興も10年前からやれなくなり、5年前からはのぼりをあげるのも大儀で十分にやれなかったそうですが、今年は雰囲気もよく、93歳の長老の鶴の一声で、のぼりが立ち、やっぱりこれがないととみんなの笑顔がよかったです。

IMG_4640.JPG

小さな集落の小さなお祭り、神事は厳かにとりおこなわれ、皆で一年の無事を有難いと思い、塩さばと持ち寄りの家庭料理を皆でいただきながら労をねぎらう。

IMG_4643.JPG

昔ながらの余興はないけれども、ねぎやの兄さんが昨年からあたためていた、ギターを片手に、歌本までつくってくれて、皆に配って、皆で懐かしい歌を歌い合いました。

IMG_4646.JPG

息子は、集落のじじばばと、お姉さんたちによく遊んでもらって、かわいがってもらって、とてもうれしそう。

ひとつひとつの歯車が少しずつ重なりあい、小さな集落の小さな大祭は、心あたたまる素敵な一日になりました。
posted by ASAHI at 06:59| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

大祭がありました

あまもりです。

きょうはさとみさん、はるさんとわたしが住んでいる太田町で、大祭がとり行われました。

朝。外からはおはやしの音色が聞こえてきます。おはやしを担当する余興団の男性陣は、朝6時から集まって準備をしていたそう。

わたしたち女性陣は、区民館に集まってをとん汁をつくります。作業がひと段落したあとは、お茶タイム。余興団の男性陣からの差し入れを、みんなでぱくぱく。

DCIM0135.jpg

区民館わきの小高い山を登ると神社があり、そこで祭礼がとりおこなわれます。

DCIM0136.jpg

祭礼の後は、飲み、食べながらみんなでおしゃべり。余興団の太鼓も始まります。

DCIM0143.jpg

汁物づくりのお手伝いをしたあと、わたしたちはそこでピザ作りと販売をさせてもらいました。

DCIM0145.jpg

お天気も良く、終始和やかな、のんびりとした雰囲気。同じ地域に住んでいながら、子育てが忙しいためなかなか顔を合わせられない女性陣とも、ゆっくり話すことができました。

年に1回、一堂に会するお祭りっていいな、そんな風に感じました。
posted by ASAHI at 20:28| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

間伐ボランティア初級講座

あまもりです。

9月15日(土)〜17日(月)にかけて、とよた森林学校の「間伐ボランティア初級講座」に、とださんと一緒に参加してきました。

きっかけは、今秋から「旭木の駅プロジェクト」の事務局に参加させていただくことになったこと。木の駅プロジェクトとは、地域のひとが森を間伐し、その材を出すと地域通貨がもらえて地元商店街で使えるというもの。木を切ることで山がきれいになり、地元の商店街も元気になる!という仕組みです。

このプロジェクトに関わるなら間伐について知っておいた方がいいだろう、と勧められ、受講することにしました。

1日目。台風が接近していて、16、17日と雨になってしまうかもしれないということで、1日目と2日目の日程が入れ替わりになりました。で、いきなりチェンソーを操作することに!

半年前に地域のかたに教えてもらい、少しだけ動かしたことがあったのだけれど、久々でぜんぜん操作できなかった。同じ班のほかの方は案外上手で、初日からおちこぼれ決定…(泣)。軽くへこみました。

2日目。台風がそれたようで、天気は上々。そんななか、ふたたび森に入り、森林の現状調査を行いました。

一定の面積をサンプルとして調査し、森の現状はどうなのかを調べ、それをもとにこれからどういう風に森を作っていったらいいのかを決めていく、という作業です。

木の直径は何センチあるか、何歳の木なのか、その一定の面積のなかには何本木があるのか、木の高さは、地力はどうか、どのくらい混みあっているか、風雪に耐えられるような木々なのか…。

時にはグラフなどを使って、いろんな角度から森を見ていきます。

そのデータをもとに、各班ごとに話し合い。日程が変わり、1日目に一緒に作業をしたおかげでだいぶんみんなと打ち解けていて、自由に意見を交わすことができました。

3日目。とても変なお天気で、晴れながらも、雨。きれいに虹がかかりました。

DCIM0060.jpg

天気を心配しながら山に移動しましたが、さいわい作業を始めると雨はやみました。

この日は再び立木の伐採にチャレンジ!班のみんなの作業を見せていただいたおかげで、なんとなく切れるようになっていました!うれしかったなあ。

日程が変更になったことが幸いして、調査に入った森をこれからどうしていくか?という話し合いでは、とても自由に話しあうことができました(私たちの班は、少しずつ端から木を切ってしまって自然な植生にまかせ、こどもの遊び場にしてしまおう、という、材を売ることを全く想定しない大胆な案でした)。私たち4班の佐藤先生は、そんな雰囲気を嫌がることなく、とても楽しそうに、時には感心して付き合ってくれました。

また、落ちこぼれのわたしをあきらめずに最後まで指導してくれて、なんとか立木を切れるようにしてくださった。そして、一緒の班のメンバーもそんな私を嫌がることなく見守ってくれました。ああ、この班でよかったなあ、とつくづく思いました。みなさん、ほんとうにありがとう。

とださんとは別の班だったのですが、とださんもとてもいい講座だったな〜と言っていました。

農閑期の冬に、今日習ったことを生かして少しでも森をきれいにできたらいいな。

おもしろい仲間たちと一緒に、木を切るための理論と技術、また、森づくりの考え方まで学ぶ。とても有意義な3日間でした。
posted by ASAHI at 19:40| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。