2014年01月01日

新年明けましておめでとうございます! 〜25年の振り返り、年越し、正月〜

25年から26年への年末年始、旭に移住してからはじめて、旭で年越しをしました。大晦日まで片付けなどなどがしっかり残っていたので(笑)大忙しでしたが、夜は隣のじじばばによんでもらって、夕食を一緒に食べて、飲んで、紅白をみて。いい年越しができました。

元旦は、旭高原で初日の出を拝みに〜
IMG_8024[1].JPG
だけど曇りでした。来年を楽しみにしています。

豆がらで雑煮を炊いて。元旦の朝の雑煮は「まめに一年過ごせますように」と豆がらで炊くそうです。
IMG_8027[1].JPG

IMG_8029[1].JPG

そして、集落の氏神様に年頭参拝。
IMG_8031[1].JPG

午後は実家へ。いい正月になりそうです。

昨年はやっと暮らしのペースがつかみはじめてきた年でした。集落のお祭りやお役、もう少し広めの旭や豊田でのお役や務め仕事、田畑の管理、娘が産まれて家族4人になり、薪ストーブもいれて家も整ってきたし、なんとか稼ぎも仕事も足りてるし。まだまだできていないことも多いし、これからどんどん変わっていくだろうけれども、冬の間もぼちぼちとしながら、春に向けての準備もしていこうという気分ですね。

25年で嬉しかったことを並べてみると、

・瑠里が産まれたこと。
・家族みんなが大病なく平穏に過ごせたこと。子どもたちが地域に愛されて成長していること。
・集落の地蔵祭で、24年のお汁粉に引き続き、甘酒をみんなで食べられたこと。
・集落の大祭で、10年以上ぶりに、お囃子の太鼓を奉納できたこと。
・郷社の大祭で、笛の吹き手がいなくてピンチということで、地域の若い衆で笛練習会をして、笛吹きが大勢で本番は1時間以上もお囃子が続いたこと(笑)
・あさひ若者会ができて、旭の若い衆でいろいろな話ができ、行動できるようになったこと。
・あさひ木の駅の第4回を地域の衆の知恵と汗で乗り切って、第5回をスタートできたこと。
・豊田市消防団操法大会の選手として、みんなで練習を乗り切って本番を迎えられたこと。
・あさひまつりを満喫できたこと。
・鞍ヶ池プレーパークのプレーリーダーを5日間やれたこと。
・耕Lifeの発行部数、ページ数が増え、多くの人に読まれ、愛されていること。
・河合家、立松家、仲神家、法山家のそれぞれの結婚式に参加できたこと。
・耕Lifeやアグロプエルタの協力もえて、まるっこくらぶ仲間が増え、みんなで野良仕事を満喫できたこと。
・福蔵寺ご縁市が例年のようにゆったりほっこりとした雰囲気で開催できたこと。
・「生きるを考える講座」、「名古屋おもてなし武将隊 立三農園」、「もりりんずの旭を満喫体験」、「ワールドキャンパスの山里ホームステイ」、「千葉大学×アールト大学 先人の知恵に基づく生活づくりデザインプログラム」、「e-cot 山里体験企画」などの良縁に恵まれて、山里の魅力を多くの人に体感してもらえたこと。

あげだしたら、キリがなくなってしまいましたが(笑)よいご縁に恵まれて、生かされていることを実感させてもらいながら、暮らすことができることを何より嬉しく思います。

1月は、片付け仕事をしながら、変化していける遊びをいれつつ、今年1年の予定を決めていきます。

今年もよいご縁に恵まれて、素敵な1年になりますよう。

本年もよろしくお願いいたします。
posted by ASAHI at 03:58| Comment(0) | 私たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。