2013年12月27日

12月22日 つくばを考える会

築羽自治区 毎年恒例の「つくばを考える会」もう10年以上も続いているそうです。来賓の人を呼んで忘年会という意味合いが強かったのを、会の名前もかわって(ちょっとかたくなったけど)3年前から、まちづくりにつなげようと誰かを呼んで講演してもらうようになりました。

今年は澁澤寿一先生、数々の肩書や経歴をお持ちですが、今期、築羽自治区の2つの集落には豊森なりわい塾の受講生のみなさんがはいっていただいているので、その実行委員長もつとめる澁澤さんにご講演いただきました。

会の最初は地域の女性のみなさんによる銭太鼓の披露。最近は旭外へも呼ばれていくそうですが、知った顔のこの会が一番緊張するとのこと(笑)
IMG_7942.JPG

IMG_7944.JPG
澁澤さんのお話は、何度も聞いていますが、地域の衆とこうやって聞ける機会がつくれるとは思いもしませんでした。
実は、子守りで半分くらい聞けていませんが(すみません〜)、みなさん最後まで真剣に耳を傾けていました。講演が終わった後の懇親会や二次会で、本当に今日のお話はよかった。と、みなさんが口々におっしゃっていました。

豊田市で最も少子高齢化が進んでいる、ぼくも住んでいる、築羽自治区。だからこそ、残っているものがあると感じる。だからこそ、できることがあるのだと思う。澁澤さんのお話は、そんな僕らに勇気を与えてくれるものでした。

講演の後は、懇親会。
IMG_7947.JPG

ひとつ残念なのが、年配の衆がほとんどのこの会。きっと情報が伝わっていないだろうということもあるけれども、澁澤さんの貴重な講演を地域の若い衆も一緒に聞けるとよかったな。

息子はひとしきり絵本を読んだあと、じじばばに可愛がってもらいながら、五平餅をばくばく食べていましたね(笑)
IMG_7952.JPG
posted by ASAHI at 22:24| Comment(0) | 旭暮らしな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。