2012年02月25日

千年持続学校の夕食作り

あまもりです。

きょうは千年持続学校の夕食づくりをしました。メニューは、わたしたちが農薬を使わずに育てた、かぶとほうれん草のカレー、国産石臼挽き全粒粉を使ったナン、窯炊きご飯、同じく無農薬の白菜のお漬物です。

まずはみんなで玉ねぎを切って、あめ色になるまで炒めます。

画像 002.jpg

作るのが27人前で、量が多かったのでかなり時間がかかった。でも、なべさん、はるさんが文句も言わずにわいわいとおしゃべりしながら、炒めてくれました。

その後、かぶや鶏肉もいためて、ローリエをいれてことことと煮込みます。かぶからだしが出ていい感じ。
煮込んだ後にルーを入れ、さとみさんやちぃちゃんのアドバイスをもらって、塩麹とおしょうゆを隠し味にいれてカレーは完成。

ちぃちゃんがさらりとおしながきを書いている間に、わたしがナンの生地を用意したり、なべさんがあらかじめといでおいてくれたご飯を釜で炊いたり。何とか時間までに仕上げました。

先に行っていたとらさんが、テーブルのセッティングやカレーのあたためをしてくれていて。わたしが到着してから、その場でダッチーオーブンを使ってナンを焼いたので、千年学校の方々が面白がってくれました。ちぃちゃんのおしながきは、きょうも好評でした。

実は、玉ねぎをここまでじっくり炒めるのも、ローリエや塩麹、おしょうゆをいれるのも、わたし自身はぜんぜん考えていなかった。計画を立てるのはわたしだけれど、いざはじまると、じぶんの想像をこえたところでみんな自由に動き出し、形になっていく。ここのおもしろいところだな、とおもっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。