2012年02月19日

祈願祭&集落ビジョン

とだです。

本日なんと3つ目の投稿です〜

今日は、私の住んでいる余平町の祈願祭がありました。豊作を願っての神事です。神事は写真をとれないので、写真はなしです。

集落の人が寄って、

いつものようにみんなで火にあたって、
いつものように神事がとりおこなわれて、
いつものようにお神酒と焼いた塩サバをみんなで食べて、
いつものように皆の平穏無事を確認しあって、
いつものように時間が過ぎる

特別なことはないけれども、長い年月をかけて自然が自然であると同じように、いつものようにを繰り返してこの地域の文化が続いてきたと思うと、このいつものようにがとても愛おしく感じました。

午後は毎月の定例常会と、旭支所の皆さんがいらして集落ビジョン検討会、最終回の3回目。

なかなか集落のことをみんなで話す機会はないので、支所の皆さんのお力添えでとてもいい機会を用意してくださったと思います。

防災、高齢化、農地、お祭り、お役などなど、課題はたくさんあって、なにかすごいことをビジョンで出すわけではないけれども、今回のことをきっかけにしながら、集落の日常をいっしょにつくっていきたいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。